脱毛したいと思ったきっかけ

脱毛したいと思ったきっかけは、毛深いのがコンプレックスだったからです。小学生時代から男子につけられたあだ名は、野生のゴリラでした。

初めは、斬新で子供ながらに目立ちたい気持ちもあったので、とても嬉しかったのですが、段々と思春期に差し掛かると気になり出しました。
人よりも量も濃さも太くて、日に日に毛に対しての執着心が出てきました。
自己処理をすると黒ずみや赤みが出てしまい、肌がボロボロの状態になりました。
脱毛することで肌が綺麗になるとは思いませんでしたが、とにかく煩わしい自己処理の手間を無くしたいと思いました。
無駄な時間だなと毎回思いながら自己処理を行ってました。

社会人になって蓄えも出来て、脱毛にトライしようと決めました。
初めは、大金が掛かるのでローンを契約するのをためらいました。
しかし、スタッフさんの綺麗な素肌やもう何年も自己処理してない腕や脚を見せてもらうと直ぐにハンコを押してました。
スタッフさんの綺麗な素肌は、言葉よりも何よりも後押してくれる決定打となりました。

半信半疑のまま施術を受けましたが一回目からスルスルと抜けやすくなり、効果を実感出来ました。
あんなに毛深い私の体毛は、本当に無くなるんだと確信出来ました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク